取扱業務・料金

「予防法務」とは法律問題の保険のような考え方です。

予防法務とは、事前に予想される紛争に対する対処をしておくことをいいます。

多くの場合、紛争がこじれてから弁護士の元に相談にこられます。すでに、事実関係が固まった状態になっているのです。しかし、問題が発生しても、

「事実関係が固まってしまっているため、とりうる手段が限定されてしまう。」

というコトになります。

もし、事前に予想される紛争に対する対処をしておけば、問題が生じた場合にも事前の準備(証拠固めなど)により、より良い解決に向けた複数の手段をとりうることが可能となります。

問題を想定し、事前に対処する

例えば、契約書の作成はもちろんですが契約書の作成方法の選択や、担保や保証人といった回収可能性を高めておく対応をしておくことで、紛争発生時の費用や手間を最小限にすることができるのです。

早期に弁護士が関与するコトにより、相手方に対して遵法精神をアピールすることができます。

さらに、自らに有利な契約を結んでおくことで、多くの損害金を獲得することができ、また思わぬ損害も回避することもできます。

特に、私的自治、原則としては、当事者間で合意すれば、民法等に優先してその合意が適用されることになっています。ですから、自らに有利な契約をしておくことは、企業の存続、発展を考えれば必須のことです。

その契約を書面化しておくこともとても大切です。口約束では、やはり「言った・言わない」の水掛け論になってしまう。

「予防法務」を弁護士が行うことにより、訴訟という紛争の最終解決まで見据えた最適なアドバイスを行うことができ、ひいては依頼者のリスクを最小限にすることで、利益を最大限に図ることができるのです。

不運にも紛争が発生したとしても、弁護士が当初から関与していることから、その後の交渉がスムーズにいきます。

事業経営においては、紛争予防のため、各種予防法務の策を講じるのが必須事項であると言えるでしょう。

予防法務の幅広い活動

当事務所は「こじれた事件の裁判による解決」のみならず、先ほど述べたように一層重要性を増している「予防法務」の分野で、紛争解決技術を生かしながら、経営や事業計画等に関する日常の助言、契約書のドラフティングやレヴュー、相手方等との話合い・交渉、社員に対する法務教育など、幅広い活動を行っています。

料金について

予防法務 契約書の作成・立会、事案に応じて相談させてください。
法律相談料だけで済む場合もあります。

取扱業務一覧

予防法務
詳細へ
遺産相続
詳細へ
交通事故
詳細へ
借金問題
詳細へ
一般民事
詳細へ
家事事件
詳細へ
サービサー交渉・対応
詳細へ
顧問契約・企業法務
詳細へ
刑事等・その他法務
詳細へ

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(初めての方へ)
ページの先頭へ戻る