取扱業務・料金

「控訴審裁判」とは最後のチャンス。後悔を残さないために

控訴審で弁護士を変更するメリット

控訴審で第一審判決をひっくり返すことは、原審通りの判決が出される割合が75%程度という統計からも導かれるように、大変難しいものです。

第一審で負けているわけですから、勝訴の見込みは低く、かつ第一審と同じ弁護士が担当した場合には、通常、考えうる、思いつく限りのことを全力で取り組んでいるわけですから、一般的な経験則として新たな発想というものはなかなか思い浮かばないものです。

そのような理由から、別の弁護士に相談することは、

新たな視点から紛争に対して光があたることもあり、有用な手段です。

当事務所は企業法務に注力しており、顧問先での様々な経験を有しております。法人の控訴審裁判でもいくつかの事例がありますので、潤滑に対応可能です。お客様の悩みや問題点を聞き取る力に自信があります。

控訴審業務

調査

全ての状況などを聞き取り、ヒアリング内容を元に事案についての調査を行います。
控訴審はスピードが命です。調査には時間がかかる場合がございますので急ぎご相談ください。

レポート作成

調査を元に勝訴の見込みなどを当事務所の見解と共にご提示します。
レポートを踏まえた上で、正式な裁判依頼をご確認します。

控訴審裁判

全国のどこの高等裁判所(本庁・支所問わず)でも受任します。
まずはご相談下さい。

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(初めての方へ)
ページの先頭へ戻る