事例紹介

事例紹介

過去にご相談されたお客様の事例をもとにその一部をご紹介させていただきます。 ご利用のご参考にご覧下さい。

事業者であった父が死亡。母・長男・次男・長女の4名が相続人であった。

相談者: 母、次男、長女 被相続人: 父(男性65歳) 相続人: 母、長男、長女、次男

結果:父の事業に貢献してきた母の寄与分を認めさせ、法定相続分より10%多い相続割合を得るコトが出来ました。

むちうち(後遺障害等級14級9号)の事例

相談者: 被害者A様(男性35歳)
背景:自動車対自動車の交差点での衝突事故。後遺障害の事前認定14級9号となった。認定に不満を感じたA様が当事務所にご相談。

結果:保険会社提示額 150万円→330万円に、また同時に搭乗者傷害保険の交渉も行い、保険会社提示額20万→90万円に増額。

自宅を処分せず、債務を減額したい。

相談者: B様(男性40歳)

結果:民事再生により、自宅を処分せずに債務額の減額に成功。負債600万円(住宅ローン除く)→負債120万円へ(約5分の1)

上記のような悩みを抱え具体的に話を聞いてもらいたい、弁護士のアドバイスが欲しいという場合には、お気軽にご相談ください。

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(初めての方へ)
ページの先頭へ戻る