新着情報・ブログ

日本橋法律事務所HOME > 新着情報・ブログ > 債権回収会社(サービサー)について②(対応策)

債権回収会社(サービサー)について②(対応策)

‎2015年3月19日 カテゴリー:借金問題

2 サービサーへの対応策

 

サービサーにも色々な事情があるのでしょうが

情報を後出しするような債権回収の手口は,フェアでないと思います。

 

そのような債権回収の手口を行われると

本来,債務者にとって法的整理が望ましい場合でも

気付かずに,延々と支払いを続けることになります。

 

つまり,情報が足りないことで

最善の対応を行う意思決定が阻害されるのです。

本来,債権譲渡がなされた時点で

債務者に①元本,②利息,③遅延損害金の全ての金額を伝えて

どのような返済計画を行うのか,カットできるものはないかを

誠実に話し合うべきです。

それが,サービサーの設立趣旨(サービサー法第1条)でもあるはずです。

 

そこで,債務者の皆様には,サービサーから連絡が来た際には

全債務額(①~③のすべて)を教えるように

頑として,情報の開示を求めてください。

 

それでもサービサーが情報開示をしない場合や

サービサーの対応に苦慮されている方は

弁護士会やお近くの法律事務所へ相談に行かれることを

強くお勧めします。

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(はじめての方へ)
ページの先頭へ戻る