新着情報・ブログ

日本橋法律事務所HOME > 新着情報・ブログ > 債権回収会社(サービサー)について①(債権回収の手口)

債権回収会社(サービサー)について①(債権回収の手口)

‎2015年3月18日 カテゴリー:借金問題

1.サービサーの債権回収方法

 

債権回収会社(以下「サービサー」といいます)に債権が譲渡された後,

サービサーの債権回収手口・債務者対応は非常に巧妙です。

 

サービサーに譲渡される債権は

基本的には履行期限を経過した債権であり

一般的に不良債権と呼ばれるものが多いです。

 

履行期限を経過すると,サービサーは債務者に対して

① 元本

②(履行期限までの)利息

③(履行期限後の)遅延損害金

の,3種類の請求が出来ます。

 

しかしサービサーは債務者に対して,

・元本残額のみを伝え

・「一定額を弁済してくれたら元本に充当していきますよ。」

という言葉をかけてきます。

 

一見すると元本だけの弁済で良いように感じ

良心的な内容に感じられるのですが

実はこの言葉は,②利息,③遅延損害金をカットする

という意味ではありません。

 

サービサーは,債務者が元本をある程度返済した後に

「②利息と③遅延損害金が残っています。」 と,

情報を後出ししてきます。

 

そして,その要求を突っぱねると

不動産や預金の仮差押を行い

最終的には裁判を起こして

②利息,③遅延損害金まで認めさせるのです。

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(はじめての方へ)
ページの先頭へ戻る