新着情報・ブログ

日本橋法律事務所HOME > 新着情報・ブログ > 破産手続・免責決定に思うこと

破産手続・免責決定に思うこと

‎2012年2月23日 カテゴリー:借金問題

本日,当職が担当する法人破産手続が終結しました。

代表者の破産手続も同時に終結し,無事「免責決定」も

いただきました。色々ありましたのでほっと胸を撫で下ろしました。

 

破産手続は,破産者の過去を精算するために行ないます。

その精算が済めば,未来が進行していきます。時間は止まってくれません。

一からやり直すためには早期に免責を受けることが,必要不可欠です。

 

破産法は,

①破産者の財産の精算とともに,

②債務者の経済生活再生機会を確保する

ことも目的としています(破産法第1条)。

ですから,支払いが出来ないくらいの債務負担に陥っても諦めず,

法的手続を経て,経済生活を立て直すべきです。

法的手続には破産手続以外にも民事再生など様々な方法がありますので,

ご自身に適した方法は何かを知るために弁護士や弁護士会に相談されることをお勧めします。

堺筋本町(大阪)の日本橋法律事務所では、弁護士が一人ひとりに合った最適なご提案をいたします。

法律問題でお困り事・お悩みなら、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合せはコチラ
TEL:06-4708-4795
WEBでのお問い合せはコチラ
WEBお問い合せ
法律問題の新しい考え方はこちら

日本橋法律事務所は予防法務に積極的に取り組んでいます。

日本橋法律事務所の予防法務はコチラ
事務所紹介・概要
事例紹介
法律問題のお悩み相談はこちら
日本橋法律事務所 所長・弁護士 小宮路 智也

初めまして所長の小宮路智也です。

当事務所は、悩み・トラブルを抱えている依頼者の皆様と弁護士が「協働」(対等の立場で協力すること)し、最善の解決を目指していきます。

依頼者の皆様の悩み・トラブルは、その全てが違う形をしており一つとして同じものはありません。

そこで、トラブル毎の特徴をしっかり捉えるため「丁寧な聞取り」を行ない、それに基づいて考えられる解決手段をご提案させていただきます。

さらに詳しく(はじめての方へ)
ページの先頭へ戻る